日本・精神技術研究所

公式Facebook

  • お知らせ:2020年12月19日

「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム」に賛同します

わたしたちは、このたび「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム」に加盟いたしました。

この数年、技能実習生の受入れを中心に、外国人労働者の選抜やアセスメントに内田クレペリン検査をご使用いただく機会が増えてきました。弊社のお客さまに限らず、多くの受入れ機関では、そこで働く外国人のみなさんと良好な関係を構築し、責任をもって雇用(あるいは実習指導)されていらっしゃることと思います。いっぽうで、ニュース等ではあきらかに外国人労働者の人権を無視した労働現場が報道されることも少なくなく、そういった報道に触れるたびに心を痛めてきたことも事実です。

ご存じのとおり、日本は急速な少子高齢化が進んでおり、外国人労働者のみなさんの労働力や技術力は、今後ますます重要になってくるでしょう。そういった経済的な側面だけでなくとも、わたしたちは外国人のみなさんと一緒に生活することで、多様な文化や価値観に触れ、国際人として、より成熟した人間性を獲得していけると信じています。

弊社の理念は「こころの個別性と向き合う」ですが、これは創立者・内田勇三郎のモットーに由来します。そのモットー「白い児には白い光を、青い児には青い光を。万人その所を得、よろこびに満ちた精神生活を得るために」は、日本人に限らず、世界中の人に向けた内田勇三郎の希望であったと思います。また、弊社の主力サービスであるアサーション・トレーニングも、単なるコミュニケーションの技術ではなく、その根底には基本的人権に基づく他者尊重の考え方があります。

わたしたちは、今回の「責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム」への加盟を機に、あらためて会社の理念を見つめなおすと同時に、より具体的なレベルにおいても、どのような実践ができるかを全社で考えていきたいと思います。

(ミャンマーで内田クレペリン検査の販売店を担ってくださっている、株式会社ジェイサットさまも、一足先に加盟されていらっしゃいました。)

株式会社日本・精神技術研究所
代表取締役 内田桃人

2021.3.23:【重要なお知らせ】新型コロナウイルスへの対応方針(10)