日本・精神技術研究所

公式Facebook

アサーション〈自己表現〉トレーニング

ベーシックコース

アサーションを基礎から学ぶコースです。
安心安全な場での体験学習を通して、誰でも基礎から学び始められます。

ベーシックコースとは

少人数でのグループワーク。講義だけでなく、体験的にアサーションを学んでいきます。

アサーションの基本的な考え方を一から学ぶコースです。初めてアサーションを学ぶ方が受講するためのもので、どなたでもアサーションの基礎を学ぶことができます。

少人数でのグループワーク。講義だけでなく、体験的にアサーションを学んでいきます。

【1日目】

アサーションの基本的な考えを学ぶ内容です。アサーティブな表現とそうではない表現の違いについてや、その基本的考え方から始まり、自己表現に関する権利がどんなものであるのか、自分のものの見方が自己表現とどう結びつくかなどをグループ形式で意見交換をしながら学んでいきます。自分をふりかえり、自分の気持ちをどうアサーティブに伝えられるかを考えるきっかけとなる内容です。

【2日目】

実際に日常生活で、葛藤が起きたときにアサーティブな表現が必要になる場面を具体的に取り上げます。日常の会話や、相手に何かを依頼すること等、各種題材をご用意しています。その場面の中で、どのように表現していくことがアサーションにつながっていくかを体験しながら学んでいきます。具体的にどんな表現ができるかをグループで考えて、実際に表現してみるところまでを体験できます。

こんな方におすすめ

  • 苦手な人とコミュニケーションを取れるようになりたい方
  • もっと楽な対人関係を築きたいとお考えの方
  • 言えない、言い過ぎる自分を変えたい
  • 自分の自己表現に苦労されている方
  • 自分らしい生き方を模索している方

講座のねらい

  • アサーションを体験的に理解する
  • アサーションを通して自己理解を深める
  • アサーティブな表現方法を学び試してみる

コースの内容について

開催日時 開催コース一覧をご覧ください。
定員 24名(最小開催人数12名)
開催時間 1日目/10:00~18:00、2日目/10:00~17:30
参加条件 どなたでも参加可。全日程の参加出来ること(途中参加不可)
※医療機関や相談機関に通われている方は、担当の医師やカウンセラーにご相談のうえ、ご参加ください。
受講料 36,000円(税込)
事前課題 あり
改定版アサーション・トレーニング -さわやかな<自己表現>のために-
※事前課題として『改訂版 アサーション・トレーニング-さわやかな<自己表現>-のために-』を講座受講までに、お読みください。お近くの書店または当社購入窓口にてご購入ください。(上記テキスト名をクリック)
会場 東京(池袋)
講師 アサーション<自己表現>トレーニング(講師紹介)をご覧ください。
受講証明書の発行 あり
申込方法 開催コース一覧からお選びいただき、講座詳細ページよりお申し込みください。
備考 ※1 講座はキャリアコンサルタント更新講習の更新のための必要受講時間数に含まれません。キャリアコンサルタント更新講習として、受講を希望の方は、【日精研】アサーション・トレーニング(技能講習)をお申し込みください。
※2【日精研】アサーション・トレーニング(技能講習)と内容に一部重複があります。

カリキュラム

1日目

自己表現とは ・アサーションとはどういう表現なのかを学びます。
・アサーションには3つの自己表現(非主張的、攻撃的、アサーティブ)があり、それらを比較検討しながらアサーティブな表現を理解します。
自己表現における基本的権利 ・アサーティブに表現しても良いということを基本的人権の視点から学びます。
・伝える相手にも同様に権利がある事など自分以外の視点でも検討します。
認知上のアサーション ・自分や他の人のもののみかたや考え方を知るワークを行います。
・自分のものの見方や考え方が、自分の表現や行動にどのように影響があるのかをふりかえります。

2日目

言語上の自己表現
1.日常場面において
・参加者全体で実習を行います。
・日常会話におけるアサーションを体験的に学習します。
言語上の自己表現
2.問題解決場面において
・葛藤場面を取り上げて、どのようにアサーティブに伝えられるかをグループで検討します。よりアサーティブに伝えられる自己表現方法(DESC法)を学びます。
非言語上のアサーション ・言葉を使わない自己表現について解説します。
・感情、特に怒りについて、自分の怒りの取り扱いと相手への対応について学びます。

お申し込み方法

開催コース一覧からお選びいただき、各講詳細ページよりお申し込みください。