日本・精神技術研究所

  • 講座開催スケジュール
  • メルマガ登録
  • お問い合わせ
 

アサーション〈自己表現〉トレーニング       アドバンスコース

対象 一般~専門

講座内容

at_adbance1.jpg

アドバンスコースはベーシックコース受講後に「聴くこと」と「伝えること」をより深く学びたい方のための講座です。
アサーションとは「聴くこと」と「伝えること」の統合です。そして感情を自分らしく適切に表現することだとも言えます。このコースでは、ベーシックコースで詳しく扱わない「聴くこと」と「感情」をまず取り上げます。
「聴く」ことの思いもよらぬ難しさ奥深さを体験的に学ぶことになるでしょう。また「感情」のセッションでは、自分の感情と向き合い、他の参加者とディスカッションを行うことで、感情に対する見方や取り扱いが人とどう違うかについて考えます。感情表現に対する柔軟性を取り戻すきっかけにもなります。
最終的にはそれらのセッションをふまえ、DESCを使いこなす練習をします。

開催形式 土日祝 1日間   
開催日時 今後の日程
定員 24名(最少開催人数14名)
参加条件 アサーション・ベーシックコース(旧基礎理論コース)受講済みの方、又はビジネス版アサーション〈自己表現〉トレーニング受講済みの方
全日程の参加出来ること(途中参加不可)
 ※ビジネス版アサーション〈自己表現〉トレーニングを受講済みの方は、 「感情の取り扱い方」、「アサーティブに聴く」についてカリキュラムの重複があります。事前に事務局にご相談の上お申込ください。
受講料 26,000円(8%税込)
会場 日本・精神技術研究所 2F研修室
講師 日精研アサーション認定トレーナー
受講証明書の発行 あり
申込方法 今後の日程から希望日を選択

講座の狙い

  • 実践的にDESCを使えるようになること
  • より深くアサーションを学ぶ

こんな方におすすめします

  • DESCの考え方を身につけたい方
  • より深くアサーションを学びたい方
  • アサーティブな表現をさらに身につけたい方
  • 聴くということがどういうことか知りたい方
  • 自分の感情を確認し、アサーティブな表現に活かしたい方

カリキュラム

1日目(10:00~17:30)
(1)感情の取り扱い方 アサーティブに聴くための感情の取り扱い方、感情表現を学ぶ
(2)アサーティブに聴く 「聴くこと」の難しさと聴くことはどんなことかを学ぶ
(3)葛藤場面でのやり取り アサーティブに聴き、アサーティブに表現することを学ぶ


受講者の声

「感情を理解し伝えるには、表現する言葉や方法を探す必要がある」という講師の方の言葉に目からウロコが落ちました。自己の相手の話を聞く姿勢、感情表現について確認するよい機会となりました。20代 男性 会社員
共感的な応答をするために必要なことや感情について、基本的で重要なポイントがよくわかりました。アサーションは葛藤が起こってもそれを越えて歩み寄るためのものだ、ということを実感できました。40代 女性 介護職