日本・精神技術研究所

  • 講座開催スケジュール
  • メルマガ登録
  • お問い合わせ
 

フォーカシング ベーシックコース

対象 一般~専門

今後の日程お申し込みはこちらから

講座内容

ベーシックコースは、フォーカシングを初めて学ぶ方にも最適な、fo_image.jpg自分で自分のフォーカシングのプロセスを進められるようになるための入口のコースです。まず事前にトレーナーと1対1のプレセッション(1時間)でフォーカシングを体験して、グループ学習に備えます。その後の講座(2日間)では全体実習と小グループ実習を通してフォーカシングのやり方を体験的に学びます。参加者一人一人に配慮したきめ細やかな内容なので、フォーカシングを初めて学ぶ方も安心して臨んでいただけます。

開催形式 2日 
開催日時 今後の日程   
定員 15名(最少開催人数10名)
参加条件 事前にプレセッションを受け、全プログラム(2日間)参加できる方。
※日精研でフォーカシング個別指導を受けたことのある方は、プレセッションが免除になります。 いつ・どなたのガイドを受けたかを参加申込書にご記入ください。
※医療機関や相談機関に通われている方は、担当の医師やカウンセラーにご相談のうえ、ご参加ください。
受講料 45,000円(8%税込/プレセッション込み) ※プレセッション免除の方は、36,000円(8%税込)
テキスト 『フォーカシング・ワークブック -楽しく、やさしい、カウンセリングトレーニング』 
近田輝行・日笠摩子(著)/株式会社日本・精神技術研究所
会場 日本・精神技術研究所 2F研修室
講師 The International Focusing Institute認定トレーナー
受講証明書の発行 あり
申込方法 今後の日程から希望日を選択
※プレセッションは原則としてセミナーの10日前までにお受けいただきます。 受講申込書の  「来談希望日」欄に希望日時(来談しやすい曜日や時間帯など)を必ずご記入ください。
  後日、事務局より予約日程調整のためにお電話いたします。
※来談希望日は、申込日の7営業日以降でお願いします。
  例)3月1日(日)申込の場合、3月9日(月)以降予約可能

講座のねらい

  • 小講義で、フォーカシング・プロセスが見出され、フォーカシング・スキルとして体系化された背景や、フォーカサー、リスナー、ガイドなど基本的なフォーカシング用語の理解を図ります。
    • 小グループでの、フォーカシング体験(自分がフォーカサーをする)と自分以外の参加者のフォーカシングを観察することで、自分で自分のフォーカシングを進めるやり方を体験的に理解することを図ります。
      <第1段階>ガイドに助言を受けながら、フォーカシングを行う。
      <第2段階>リスナーに聴いてもらいながら、自分でフォーカシングしてみる。
      • フォーカシングのやり方を学ぶだけでなく、フォーカシングする人の助けになるような聴き方の初歩を実際に練習し、なぜそのように聴くのかの理解を図ります。

      こんな方におすすめします

      • フォーカシングの基本・やり方を学びたい。
      • 気になることがいっぱいで、落ち着いてゆっくり考えることができない。もっと自分とうまくつきあいたい。
      • 他者に惑わされすぎないように、自分自身をもっと大切に、拠り所にできるようになりたい。
      • アサーションで表現の手法を学んだが、それ以前に自分自身が伝えたい気持ちは何なのか、本当はどう感じているのかがわかるようになりたい。
      • カウンセリングを勉強中なので、傾聴や共感する力を高めたい。

      講座の構成、位置づけ

      • フォーカシングのプロセスは、フォーカシング体験を重ねる中でこそ自分のものとして定着させていくことができます。ベーシックコース後(1~2ヶ月後)に開催するフォカサー継続コース(1日)では、参加者同士がお互いにフォーカサー/ リスナーになり練習と体験を重ねることができます。両コース通して参加することでフォーカシングを日常生活にも活かしていける基本が身につきますので、セットでのご参加が大変お勧めです。

      カリキュラム

        1日目
      • 全体オリエンテーション
      • 講義「フォーカシング的態度とフォーカシングの流れ」
      • 実習「ガイドされてのフォーカシング体験」
      • 2日目
      • 講義「自分で進めるフォーカシング」
      • 実習「自立したフォーカサーとそのリスナーになる練習
      • 実習「フォーカサー・リスナーの練習」

      関連書籍/教材

      • 書籍『フォーカシングはみんなのもの コミュニティが元気になる31の方法』
        日笠摩子・堀尾直美・小坂淑子・高瀬健一(編著)/創元社

      受講者の声

      普段自分で表現しない方法で自分の心を表現するという貴重な経験をさせてもらった。自分の気持ちをワークを通して表現していくプロセスを大事にして一心に描いたときに涙が出そうになった。自分の気持ちにとても純粋になれる講座でした。
      これまで本を読んで自己流でフォーカシングをしていましたが、ちゃんとできているか不安でした。2日間かけて少しずつできるようになったと、自信が持てるようになり、今は安心感があります。今後、仕事や日常生活に試していきたいと思っています。

サービス一覧

内田クレぺリン検査 岩手・宮城・福島から東京に来られている皆さまへ無料相談のお知らせ メルマガ