日本・精神技術研究所

  • 講座開催スケジュール
  • メルマガ登録
  • お問い合わせ
 

来談者中心療法の実際~佐治守夫先生のビデオ『Tさんとの面接』から~

対象 専門

今後の日程お申し込みはこちらから

  • 開催日程が決まり次第、ホームページやメルマガで順次告知いたします。

講座内容

講座の風景

カール・ロジャーズが提唱した来談者中心療法におけるカウンセラーの態度は、心理的援助に関わる際の基本であり、且つ治療的要因をもたらす重要な条件と言われています。この講座は、前半のビデオ視聴と、後半の参加者有志によるロールプレイ演習を通じ、来談者中心療法についての理解を深めていきます。

前半:ビデオ視聴
佐治守夫先生は、ロジャーズが提唱した「来談者中心療法」を実践した著名な心理臨床家です。 その佐治先生の実際の面接場面を収録したDVD教材『治療的面接の実際-Tさんとの面接』(日精研刊)を視聴し、来談者中心療法におけるクライエントへの対応のあり方を、みなさんと一緒に考えていきます。 特に、カウンセリングという目的を可能とさせる上でカウンセラーに求められるものの一つである「共感的理解」という側面に焦点を当てて、検討したいと思っています。

後半:ロールプレイ演習
参加者のうち有志の方に、短時間のカウンセリングロールプレイをしていただきます。 その後、来談者中心療法の視点から検討・解説をしていきます。 来談者中心療法の関わり方について更に理解を深め、実際の面接に活かしていただくための、足がかりとなるセッションです。
※ロールプレイ演習(15分ほど)のカウンセラー役/クライエント役をそれぞれ1名募集致します。ご希望の方は、申込時に備考欄に記載ください。なお、ご希望の方全員にロールプレイをご経験いただけない場合がございますので、ご了承ください。

《佐治 守夫(1924~1996)》
元東京大学名誉教授、日精研心理臨床センター所長、日精研心理臨床学院長
民間機関としては草分けとなる1970年代にカウンセリングルームを開設した当初から、日精研においてカウンセリングを実践。東京大学を退官後は、亡くなる直前まで、日精研でカウンセリングの実践と指導・教育にあたられた。
著書、教材:『カウンセリング入門』(国土新書)
         『カウンセラーの<こころ>』(みすず書房)
         『治療的面接の実際-ゆう子のケース』(日精研)など多数      


開催形式 土日または平日 半日
開催日時 今後の日程
定員 24名
参加条件 特にありませんが、下記の方におすすめします。
・カウンセラー、キャリアカウンセラー(コンサルタント)
  <臨床心理士、産業カウンセラー、標準レベルキャリア・コンサルタント、
  キャリアコンサルティング技能士など>
・心理的援助に関わる方、興味のある方
受講料 3,500円(8%税込)
会場 日本・精神技術研究所 2F研修室
講師 八巻甲一(日本・精神技術研究所)
受講証明書の発行 あり
申込方法 今後の日程から希望日を選択

講座のねらい

  • カウンセリングという援助の目的を学ぶ
  • カウンセラーに求められる基本的態度を学ぶ
  • 来談者中心療法の実際の面接場面を視聴し、ロジャースが提唱したカウンセラーに求められる三条件が面接の中でどのように行われているのかを実感する

こんな方におすすめします

  • カウンセリングにおけるカウンセラーの基本的態度を学びたい方
  • ベテランのカウンセラーの実際の面接から学びたい方
    (『治療的面接の実際-Tさんとの面接』はロールプレイではなく実際の面接場面を収録した日本で唯一の教材ビデオです。)

講座の構成、位置づけ

講師プロフィール

《八巻甲一》
株式会社日本・精神技術研究所研究所 取締役
佐治先生の臨床場面と教育の傍らに15年
佐治先生のカウンセリングの実際を直接視て、聴いて、指導を受ける
カウンセリング、キャリア・カウンセリング、スーパービジョンの経験多数

カリキュラム

13:00~13:30 オリエンテーション、ビデオの紹介
13:30~14:20 ビデオ視聴『治療的面接の実際-Tさんとの面接』(カウンセラー:佐治守夫)
14:20~14:30休憩
14:30~15:30ビデオの検討とふりかえり
15:30~15:40 休憩
15:40~16:50 ロールプレイ演習、解説とコメント
16:50~17:00 日精研からのお知らせ
17:00 終了

関連書籍/教材

DVD/カラー『治療的面接の実際-Tさんとの面接』

ロールプレイではなく、実際の面接場面を収録した
日本で唯一の教材ビデオ
『治療的面接の実際-Tさんとの面接』

 面接・解説・監修:佐治守夫
 定価:10,800円(税込)(解説・逐語記録付)


ご注文・詳細はこちら

受講者の声

「クライエントの言っていることをそのまま聴く」ということがどういうことで、どんな意味があるかを、ディスカッション等を通じて理解することができた。
グループディスカッションをし、より多様な考え、感じをきけてよかった。講師のかかわり方が、カウンセリングそのもののように感じ、得るところが大きかった。
DVD視聴後やカウンセリングのライブ後の解説をクライエント中心ということを焦点にしてもらえたので、"クライエント理解"とは?に深みを持てたような気がする。来談者中心療法は奥深い。

サービス一覧

内田クレぺリン検査 岩手・宮城・福島から東京に来られている皆さまへ無料相談のお知らせ メルマガ