日本・精神技術研究所

  • 講座開催スケジュール
  • メルマガ登録
  • お問い合わせ
 

フォーカシング フォーカサー継続コース

対象 一般~専門

開催日:2017年10月22日(日)

開催形式 1日
開催日時 2017年10月22日(日) 10:00~17:00
開場時間 9:30
定員 15名(最少開催人数8名)
参加条件 ベーシックコースを修了していること
受講料 13,000円(8%税込) 
会場 日本・精神技術研究所 2F研修室
講師 堀尾直美(TIFI認定トレーナー)、阿部利恵(TIFI認定トレーナー)
受講証明書の発行 あり
午前中はフォーカシング実践に役立つプログラムをご用意しています。
各回テーマをもうけて全4回シリーズで構成されています。
1回毎に独立完結していますので、順番通りの受講でなくても、また、どの回でもご参加いただけます。

午前のテーマ

    第1回 16年7月24日   とどまる時間を持つ ―フォーカシングの基本と普段づかいのヒント
    さまざまな人がフォーカシングのいろいろなやり方を示していますが、フォーカシングの基本は変わりません。 この講義では、一度「とどまる」ことや、自分自身や自分の感じていることを「大事にする」こと、それを「認める」ことなど、フォーカシングの基本となることがらについてもう一度丁寧に考えていきます。 また、こういったフォーカシングの基本をどのように日常に活かしていくかについても、一緒に考えてみたいと思います。

    第2回 16年10月23日   フェルトセンスとのかかわり方
    フォーカシングにおいて、「フェルトセンス」というのは重要な概念です。しかしこれは、とらえどころのない概念でもあります。この講義では、フェルトセンスとは何なのか、それにどう関わっていければいいかを考えていきます。

    第3回 17年3月25日   フォーカシングで困った時に
    フォーカシングをしていると、時に困った状況におちいってしまうことがあります。たとえば、こんなことではダメだという思いにとらわれてしまったり、感じているのがつらくなってしまったりという時です。この回は、フォーカシングで困ってしまった時の対処法について考えていきます。

    第4回 17年10月22日   リスニングについて~リスナーがいることの意味~
    フォーカシングは上達すれば一人でもできますが、それでも聞いてくれる人がいるといないとでは大違いです。リスナーがいることは、なぜ役に立つのでしょうか。また、どうすればよりフォーカサーの役に立つリスナーになれるのでしょうか。この講義では、リスナーの役割に焦点を当てて考えていきます。

    お申込み方法

    インターネット、あるいは専用のFAX申込書でお申込みください。
    申込み後の流れ、キャンセル料の確認
    ※最少開催人数に満たない場合は、不開催となる可能性がございます。